会社沿革

2017年6月 日本において各スポーツについて深く分析し、筆者の意見を大事にしながら、かつ読者の議論を呼ぶようなサイトがない事を問題と思い、スポーツ情報配信サービスLaid Back Banana Sportsを開始
2017年9月 同サービス用Web Pageをローンチ
2017年10月 米国にて様々なスポーツテクノロジーに触れ、またそれらがスポーツそのものの面白さに強く寄与している事に気付き、スポーツテクノロジー事業に注力することを思いつく。最初に出会った同関連技術が、今も取り扱う全自動撮影・録画・放映カメラであるKeemotion社のものであった。
2018年4月 上記出会いから半年後、「日本のスポーツは面白い!」をコンセプトに、本邦スポーツのエンターテイメント性向上に寄与する、同関連サービスを包括的に扱うスポヲタ株式会社を設立。
なお、同サービス内容には、欧米最先端テクノロジーの独占販売・ライセンス業、自社データプラットフォーム開発、スポーツビジネス情報配信等が含まれる。
2018年5月 Laid Back Banana Sportsを完全廃止し、同機能を一部移管する形で、「日本のスポーツ界をより盛り上げたい、より深く様々な角度からスポーツを追求したいとの思いを持った、海外を中心に様々なスポーツシーンで「現場」を経験しているスポヲタメンバーたちによる情報配信サービス」となる事を掲げ、スポヲタ情報局を開設
2018年5月 ファンとチーム・リーグとの繋がりを強化するエンゲージメントサービスであるAquimo社、Daily Bracket社と日本市場向け独占販売権に関するパートナーシップを締結。(その後も複数の欧米スポーツテクノロジーの日本(一部アジア)向け独占的販売権・ライセンス権を確保)
2018年6月 某日系大手総合商社とパートナーシップを締結。スポーツの面白さを日本中に広げるべく、日本をリードし、また革新的な取り組みを積極的に行う同社と、包括的戦略契約を締結。
2018年6月 某日系大手通信会社と、欧米スポーツテクノロジーに関する包括契約を締結。同社と共に、本邦に最新のスポーツテクノロジーを導入し、本邦スポーツの新たな楽しみ方を作ることを計画。
2018年8月 Drive Your Own Passion代表幹事である山田聡氏と共同で、「拝啓前澤友作様」と題したスタートトゥデイ前澤代表宛、新規プロ野球球団保有に向けた3つの提言を発表